メニュー

【検証】TikTokのデータ通信量の消費量と節約方法まとめ

【検証】ティックトック(Tik Tok)のデータ通信量を測定。目安は??

空いた時間にだらだらと見てしまうTikTok(ティックトック)はYouTube等と同じように動画再生アプリであり、短い動画を次々と通信しながら視聴していくのでデータ消費量は多いはずです。

ネトセツ

ここでは画質の設定別でTikTokを視聴していき1GBまでの目安を検証、そしてデータ消費の節約方法についてもまとめているので参考にしてみてください。

155
TikTokに毎月どれくらいパケットデータを使ってますか?

※選択したら「投票ボタン」で投票できます。

無制限+プラチナバンド開始+再契約でも最大14000pt/

もくじ(押したら飛びます)

TikTokの動画を視聴したデータ通信の消費量を測定

TikTokを視聴するスタイルは人それぞれですが

  • 「動画をじっくり視聴するタイプ」
  • 「気になる動画が見つかるまで次々とスクロールするタイプ」

と1分近くじっくり見る派と数十秒程度で次の動画へ移行する派の2通りに分かれるかと思います。

ネトセツ

この2タイプの違いによってもパケットデータ消費量が大きく変わってきますので、それぞれの画質設定でなおかつ2タイプの視聴方法で検証していきます。

ちなみに広告・プロモーションが表示された場合はすぐさまスキップした上で投稿された動画をメインで視聴して検証しています。

TikTokは画質の設定が通常とデータセーバーの2つがある

TikTokには2つの画質の設定があり「データセーバーをオフ」「データセーバーをオン」どちらかを選択することができるため、ここではデータセーバーをオフとオンの2つの設定それぞれで視聴の検証を行いパケットデータの消費量をチェックしていきます。

「データセーバー」オフの状態での10分視聴時のパケットデータ消費量

TikTokの動画をじっくり視聴した場合

数十秒程度で次々と新しい動画を見た場合

結果はじっくり視聴した場合は約90MB、サクサクとスクロールしてたくさんの動画をチラ見した場合は約190MBでした。

①「データセーバー」オフで1GB超えるまでの時間

TikTok視聴時間じっくり視聴サクサク視聴
10分90MB190MB
30分270MB570MB
1時間540MB1140MB(約1.1GB)
2時間1080MB(約1.1GB)2280MB(約2.3GB)

データセーバーをオフの状態でTikTokを視聴し続けるととてつもないデータ消費になることが判明しています。

次へと新しい動画をサクサク視聴する際は、スクロールで動画を切り替えることによって次の動画コンテンツのデータを受信する度にパケットデータを消費してしまいます。

最近TikTokでは1分以上の動画も増えてきていますが、じっくり視聴しないユーザーの場合はその視聴頻度によっては更にパケット消費が増えるので、1時間も視聴する間もなく1GBを超えてしまう可能性が高いです。

データセーバーオフでのTikTokが1GB消費するまでの目安
  • じっくり視聴した場合は約2時間
  • サクサク視聴した場合は約50分
ネトセツ

公共機関利用中(バス・電車)などの出先で空いた時間でちょこちょこと視聴して1日30分×1ヶ月として考えると8GBもデータ通信量を消費してしまう計算になります。

②「データセーバー」オンの状態での10分視聴時のパケットデータ消費量

次にデータセーバーをオンにした状態で先程と同様に視聴を行ってみました。

TikTokの動画をじっくり視聴した場合

数十秒程度で次々と新しい動画を見た場合

結果はじっくり視聴した場合は約70MB、サクサクとスクロールしてたくさんの動画をチラ見した場合は約170MBでした。

①「データセーバー」オフで1GB超えるまでの時間

TikTok視聴時間じっくり視聴サクサク視聴
10分70MB170MB
30分210MB510MB
1時間420MB1020MB(約1GB)
2時間840MB2040MB(約2GB)
3時間1260MB(約1.2GB)3060MB(約3GB)

データセーバーをオンにした状態でもさほど変わらない結果となり、データの消費量はじっくり視聴なら多少抑えられ、サクサク次の動画を見る場合は同じく激しいデータ消費量となりました。

データセーバーオンでのTikTokが1GB消費するまでの目安
  • じっくり視聴した場合は約2時間半
  • サクサク視聴した場合は約1時間
ネトセツ

データセーバーオフであれば、ある程度パケットデータの消費を抑えられるかと思いましたが、約20%ほどしか節約ができない結果となりました。

YouTubeのショート動画とTikTokの比較

ちなみにYouTubeのショート動画を同じように2パターンで視聴してみるとこの様になりました。

YouTubeのショート動画をじっくり視聴した場合

YouTubeのショート動画をサクサクと見た場合

このようにYouTubeの場合は特に画質設定等を行わずともモバイル回線で通信をしている場合はデータ通信の制御を最適化してくれるようで、TikTokよりもパケットデータの消費をかなり抑えられる結果となっています。

YouTubeではショート動画を閲覧している時には多少画質が落ちてはいますが、確実にパケットデータの消費を抑えられています。

視聴時間TikTok
(データセーバーオン)
YouTube
(ショート動画)
10分じっくり視聴:70MB
サクサク視聴:170MB
じっくり視聴:30MB
サクサク視聴:90MB
30分じっくり視聴:210MB
サクサク視聴:510MB
じっくり視聴:90MB
サクサク視聴:270MB
1時間じっくり視聴:420MB
サクサク視聴:1020MB(1GB)
じっくり視聴:180MB
サクサク視聴:540MB

それに対しTikTokは2倍以上のデータ通信を消費する結果になっており、データセーバーオンであってもさほど画質が劣化しないのも影響しているかと思います。

ネトセツ

よってWiFi環境がない場所でTikTokを視聴する場合はパケットデータ消費がかさんでしまうのはなかなか防げないのが現状です。

TikTokのデータ通信消費を節約するための対策

今回の検証結果から他の動画アプリと比較してもTikTokはデータ消費が激しいアプリということがわかったので、外出先でのスマホ通信時やWiFi環境がない場所ではパケットデータをなるべく消耗しないような対策が必要になります。

①「データセーバー」をオンに設定する

TikTokのデータセーバーはオンにすることで多少データ消費を節約できる

右下の「プロフィール」>右上の「三本線」>「設定とプライバシー」>「データセーバー」>「データセーバーをオン」で変更ができます。

※Wi-Fi接続時はこのデータセーバーは無効となるため、ポケットWi-Fiやスマホでのテザリングなどをしている場合はこの機能は働かないため注意が必要です。

ネトセツ

ただしこのデータセーバーの設定で、データ消費を多少抑えることが可能ですが、前述のとおりデータセーバーオンの時に比べ約20%ほどの節約にしかなりません。

② 通信制限を気にせず使い放題のポケットWi-Fiを使う

実際にこの記事でアンケート調査を実施しているとTikTok視聴に毎月10GB〜20GBのパケットデータを消費しているという結果が分かっています。

よってTikTokだけではなくYouTubeやインスタ、Xなどの他の通信も含めるともっと多くのデータを毎月使っている可能性もあり毎月スマホのパケットデータ消費は更に増えているのではないでしょうか。

W06の速度レビュー

自宅などのWi-Fi環境がある場所で視聴する場合は問題ないですが、TikTokを視聴するシチュエーションがWi-Fi環境がない場所で多いなら移動中でもいつでもWi-Fiに繋がる環境を自分で作るという手もあります。

色んなサービスが高画質化しそれに伴いデータ消費量も増えている今ではスマホのパケット定額よりコストを抑えられ使い勝手が良いWi-Fiサービスをうまく活用すべきでしょう。

その① データ無制限の「WiMAX」

ポケットWi-Fiの中でもWiMAXは毎月無制限でデータ通信を使えて月額が4千円以となり、スマホプランと比べても圧倒的に安くたくさんのデータ通信が行えます。

月額3,773円〜
データ容量無制限
通信速度下り最大4.2Gbps
エリアWiMAX 2+
au 4G/5G
セット割au
UQモバイル
(最大1,100円割引/月)
工事不要

WiMAXは自宅だけではなく外出先のどこでも無制限で通信ができるポケットWiFiタイプを選択することもできるため、TikTokを視聴する場所を選ぶことはありません。

スマホやタブレットにWi-Fi接続を行えばいつでもでこでも無制限で快適にTikTokを楽しめます。

▶BIGLOBE WiMAX公式サイトをチェック

その② データ無制限・使い放題の「楽天モバイル」

もう一つ目はどこでもデータ無制限+使わなかった月は安くなる従量制で使える使い勝手の良い楽天モバイルです。

WiMAXとは違ってスマホとのセット割はありませんが、家族割や22歳以下は毎月110円の還元などの割引が用意されてます。

月額1,078〜3,178円
データ容量3GB〜無制限
通信速度下り最大2.8Gbps
エリア楽天エリア
auパートナーエリア
セット割家族割
22歳以下割
工事不要

楽天モバイルはスマホにSIMカードを設定してスマホ単体でも通信することも出来ますが、ポケットWi-Fi端末を今ならキャンペーンで1円で入手することもできます。

▶楽天モバイルWi-Fi「1円」公式キャンペーンをチェック

ネトセツ

WiMAXも楽天モバイルもどちらも基本的に無制限で自宅でも外でも使い放題で通信ができるプランなので、長時間見がちでデータ消費が増えるTikTokとの相性は抜群に良いでしょう。

特に楽天モバイルは端末コストもかからず契約期間に縛りもないのでまだ使ったことない方は1ヶ月ほどの短期でも使ってみてお試しで判断してみても良いでしょう。

③ TikTokがデータフリーで見放題になる格安SIMを使う

またスマホプランを見直したい方やTikTokだけをメインで視聴するなら、TikTokを見放題になるカウントフリー機能が備わったスマホプランにするのが最も良い方法です。

格安SIMのNUROモバイルの20GBプラン(月2,669円)はTikTokの視聴におけるデータ通信は消費されないので、事実上パケットデータを気にせず使い放題で利用することができます。

※ただし広告やTikTok外部の動画閲覧、TikTokLiveや配信はデータフリー対象外となります。

ネトセツ

もしもスマホプランが月3,000円ほどであればこのNUROモバイルに乗り換えた方がたっぷりTikTokを楽しめて別の用途でパケットデータを有効活用できるので、データ消費に怯えず思い切りどこでもTikTokを楽しめます。

\20GBプラン乗り換えでキャッシュバック中/

もちろんNUROモバイルの20GBプランはTikTokだけではなく、LINE(通話含む)、X(Twitter)、Instagramもデータフリーの対象となっており他のSNSもデータを気にせず使い放題にできます。

【まとめ】ティックトックは他の動画アプリよりもデータ消費量が高い

結果を見るとTikTokは短くサクッと楽しめる動画が多いですが、以外にもYouTubeや他の動画アプリよりも消費するデータ量が多いことが分かりました。

視聴時間TikTok
(データセーバーオン)
YouTube
(ショート動画)
10分じっくり視聴:70MB
サクサク視聴:170MB
じっくり視聴:30MB
サクサク視聴:90MB
30分じっくり視聴:210MB
サクサク視聴:510MB
じっくり視聴:90MB
サクサク視聴:270MB
1時間じっくり視聴:420MB
サクサク視聴:1020MB(1GB)
じっくり視聴:180MB
サクサク視聴:540MB

上記で解説した節約方法やプランの切り替えが面倒だなと感じる方は、同じコンテンツが配信されているならYouTubeショートへ切り替えるというのも一つ手ではあるでしょう。

ネトセツ

空いた時間にどこでも気軽にTikTok楽しむなら、それなりの節約術やプランを工夫することでデータの消費を抑えつつ他のSNSサービスも楽しむことができるので今回の節約方法や対策を参考にしてみてください。

相談受け付けてます

ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

使える情報でしたらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ(押したら飛びます)