メニュー

【最新】3万円台で購入できるノートパソコンのおすすめ人気ランキング

3万円台で購入できるパソコンのおすすめ人気ランキング

3万円台という予算の中で「コスパが良いパソコンを見つけたい」というは必見。

スペック性能も十分、使い勝手がよくデザイン◎で最高コスパの良いパソコンをまとめました。

ネトセツ

最低限必要な基本スペックは抑えつつ購入しても損はない3万円台のパソコンになるので参考にしてみてください。

この記事は2024年5月5日に更新しました。

7
予算3万円のノートパソコンに何を求める?

選択したら「投票」ボタンを押してください。

もくじ(押したら飛びます)

おすすめの3万円台ノートパソコンランキング

自宅でも外出先でも気軽に持ち運べる3万円台のノートパソコンのおすすめランキング5選です。

3万円台でのパソコン選びで重要なポイント

3万円台の予算でパソコンを選ぶなら

  • 「Windows搭載なら多少もたつくレベル」
  • 「快適を求めるならChromebook」
  • 「SSD搭載のハイスペックなら整備品モデル」

という選択肢になります。

ネトセツ

3万円台の新品パソコンだとeMMcのストレージを採用したパソコンが主流となり、Windowsだと多少のもたつきがあるのでその点も理解した上で選択しましょう。

5位 HP Chromebook 11A-NB0013DX

コンパクト&クロームOSのサクサクノートパソコン

ここがポイント
  • 11インチのコンパクトサイズ
  • 最大10時間のロングバッテリー
  • Chrome OSでサクサク

パソコンメーカーでも有名なヒューレット・パッカードが製造のコンパクトなサイズのChromebook。

OSChrome OSメモリ4GB
容量32GB(eMMC)ディスプレイ11.6インチ
解像度1366✕768バッテリー10時間
重量1.36kg参考価格30,000円 

価格は3万円台といってもほぼ4万円となり、予算が許せば非常にコスパが良いノートパソコンには間違いなく、家族へのプレゼントや安物買いの銭失いをしたくない方にはぜひおすすめできるパソコンです。

4位 ASUS Chromebook Detachable CM3

Tablet型&Touch対応Chromebook

ここがポイント
  • 価格3万円台
  • 他にはない斬新なデザイン
  • 2in1として使える多用な使い方ができる

この価格帯のパソコンではなかなか見ないアルミニウム合金を用いた剛性を保ちつつ、スタイラスペンでiPadのようなイラストなどを使うことも可能。

OSChromeメモリ4GB
容量64GB(eMMC)ディスプレイ10.5インチ
解像度1920×1200バッテリー12.3時間
重量915g参考価格34,000円 

目を引く斬新なデザインと、タッチパッド上のオンオフ切り替えでテンキーとして使えるため、数字入力が多い作業でもはかどります。

3位 富士通ノートパソコン+Office付き(整備品)

Office付きでこの価格帯は他には無し

ここがポイント
  • メモリ16GB
  • SSD搭載のハイスペック
  • Windows11搭載
  • Office搭載

Amazon整備品済み品の基準に従った、検査、テストを合格しているハイスペックで低価格提供のノートパソコンです。

OSWindows 11メモリ16GB
ストレージ容量512GB
(SSD)
ディスプレイ15.6インチ
解像度1366×766バッテリー
重量2.3kg参考価格19,000〜30,000円

大画面で作業効率のUPやOffice搭載によるビジネスや学習においての汎用性は抜群です。

\Amazon認定整備品/

ネトセツ

SSDに換装されているおかげで、アプリケーションの立ち上がりや各操作もサクサクこなしてくれます。

2位 IdeaPad Slim 3 Chromebook Gen 8

見やすい14インチにマルチタッチ対応のサクサク使える最強コスパ品

ここがポイント
  • この価格帯でフルHD搭載
  • マルチタッチ可能で見やすいIPS液晶
  • 最大13.5時間のロングバッテリー
OSChrome OSメモリ4GB
ストレージ容量64GB(eMC)ディスプレイ14インチ
(タッチ液晶)
解像度1920×1080バッテリー13.5時間
重量1.3kg参考価格33,000円

わずか8.9インチディスプレイのコンパクトなボディなので持ち運び時の収納に困らず、タブレットスタイル or ノートパソコンスタイルなど利用シーンで選べる2in1スタイル。

特にこの8.9インチのディスプレイに2048×1536の高解像度を採用した小さくてもきれいな映像・画像表示が可能なノートPCは他にはありません。

▶IdeaPad Slim 3 Chromebook Gen 8公式サイト

1位 パナソニックレッツノート (整備品)

整備品済みでSSD搭載の高額モデルが低価格で購入できる

正直言って3万円台でハイスペックのパソコンを検討するならこれ一択です。

ここがポイント
  • SSD搭載の高スペックモデル
  • 整備品による新品ではないので低価格を実現

Amazon限定で行われているパナソニックの整備品済みのパソコンですが、2〜3万円の価格帯では実現できないインテルCPU+ストレージが高速SSDを採用しているのが大きなメリット。またWindowsは最新の11。

OSWindows 11メモリ8GB
ストレージ容量256GB
(SSD)
ディスプレイ12.1インチ
解像度1920×1080バッテリー
重量1.4kg参考価格19,000〜30,000円
ネトセツ

新品で購入しようと思ったらこのスペックなら10〜15万円以上する内容となっていて、レッツノートは軽量+剛性の高いビジネスシーンで特に人気の高いシリーズです。

\Amazon認定整備品/

ただし整備品は新品扱いではなく、細かな傷や使用感が場合によってはあるため神経質な方にはおすすめできませんが、この価格帯で検討している方には到底手が出せないスペックなので整備品として理解して購入できるなら非常に良い買い物には間違いありません。

Amazon整備品済み品は「Amazon認定出品者による保証」「再生品のノートパソコン」「環境保全」「高品質クリーニング」などを徹底している製品として販売されています。

3万予算内でPC+Officeはかなり厳し目

やはりこの価格帯でOffice搭載ができるものは整備品の中古パソコンタイプが唯一ですが、それ以外は3万の予算だとギリ厳しい結果でした。

無料で使えるGoogleドライブのドキュメント、スプレッドシート、スライド等を活用すればMicrosoft Officeとの互換性もなかかなかあります。

ただし重要な仕事や失敗できないレポートなどで使うのであればやはりちょっと不安だと思いますので、オンラインサブスク版のOffice 365であれば月額・年額でも利用できます。

ネトセツ

実際にこのOfficeのサブスクは私も使っており、MacやWindowsパソコン問わず最大5台で使え、1TB〜のオンラインストレージも付いてくるのでPCの容量が少ない方にも余裕のあるデータのバックアップも可能になります。

低価格のノートパソコンの選び方のポイント

3万円台のパソコンとしてもどこも妥協はしたくないのが本音です。そこで最低限確保したいスペック性能は以下になります。

  • OSはWindowsかChromebook
  • メモリは4GB以上
  • ストレージは高速タイプ
  • ストレージ容量は後ほど拡張できるタイプ
  • 日常使いに支障がない性能

これらの最低条件が含まれたパソコンを必ず選択するようにしましょう。

パソコンのOSについて

3万円台で購入できるノートパソコンのOS

パソコンは「Windows」「Mac」「Chromebook」などがありますが3万円台の予算で流石にMacは厳しいです。

そこで今はある程度パソコンの利用シーンではどんなこともできるWindows10かChromebook搭載のパソコンがおすすめできます。

ネトセツ

Windows10搭載のパソコンはスペックス次第ではリーズナブルで購入できますが、できればChromeOSの方が低スペックでもスムーズに動くため初心者の入門としてもおすすめできます。

注意

ただしChromeOSが搭載された格安のChromebookは、Windowsで利用できる色々なアプリケーションやフリーソフトが使えなかったりとなにかと不便な点もありますので注意が必要です。

ただし最近のChromebookはAndroidアプリが利用できるようになったため、今までよりは使い勝手がよくなりました。

Chromebookは以下でおすすめ機種をまとめています。

メモリは4GB以上の理由

メモリーは4GB以上

パソコンの作業を行うためにメモリの容量が多ければ多いほどもたつくことがなく処理ができるようになります。

2GBメモリは非常に処理が重くなるので、パソコン購入の際には最低でも「4GB」以上のメモリが搭載されたパソコンを選択するようにしましょう。3万円台では4GBあたりが多いです。

参考

ストレージ容量や種類

ストレージとはパソコン本体にデータを保存する容量やその種別の事を言います。

ストレージは「HDD」→「eMMc」→「SSD」の順で保存スピードやアプリケーションの起動速度に大きく差が出てしまいます。

HDDが一番処理も遅くなってしまうので、できればeMMcやSSDが搭載されたパソコンを選びましょう。一番良いのはSSDですがその分価格が高くなり3万円の予算範囲内ではSSD搭載パソコンはなかなか選択肢に入れるのは難しいです。

ネトセツ

またデータを保存できる容量ですが64GB〜2TBなどさまざまあります。3万円台で考えると500GBや1TBなどの容量タイプのパソコンだと高くなりがちなので後から外付けHDDやSDカードでストレージを増量できるのでそこまで気にする必要はありません。

Office付き条件で3万円台はないが無料で使う方法がある

Officeはなくても良い

Office自体が数万円する製品のため、さすがに3万円台のノートパソコンという条件ではMicrosoft Office付きはありません。どうしても5万円台に突入してしまいます。

ただしMicrosoftが提供している「Office Online」を利用すれば無料でOfficeを使うことができます。

→無料の Web 版 Office

もちろんエクセル・ワード・パワーポイントなどが使えます。ただしインターネットに接続した状態で利用するOfficeのため注意が必要です。

またGoogleChrome上で利用できるMicrosoft Officeも無料で利用できます。

3万円台で非力なスペックを選ぶと損をする

3万円台のパソコンで注意しなければならないのが、CPUとストレージです。

更には快適な動作を実現するためにも「SSD」のストレージを選択することが最低条件と考えていたほうが良いでしょう。

ただし前述でも説明したとおり3万円台での予算ではSSD搭載のノートパソコンがなかなか見つからないのが現状で、eMMCストレージは多少Windowsだともたつきはありますが、Chrome OSであれば比較的サクサク動くので、OSは何を選択するかも重要なポイントになります。

もしもWindowsにこだわりがある場合は最低でも5万円範囲内であればSSD搭載のノートパソコンは比較的見つかりやすくなります。

3万円台でノートパソコンならChromebook、そしてどうしてもSSD搭載のWindowsなら5万円の予算で検討してみましょう。

ただ実際に利用する用途がフリーソフトなどを多様せず、タブレットでもできる範囲ということであれば、iPadなどのタブレットがサクサク動くのでキーボードも装着できる一番安い無印iPadを検討するのもありかもしれません。

また以下では様々な用途に合わせたおすすめのノートパソコンを紹介しています。

相談受け付けてます

ネトセツでは個別で相談を無料で受け付けています。

記事を読んでも悩みが解決できない場合、ネット通信・回線を良いもの&費用を安くしたい場合など、どこに相談したらいいか迷っている方は直接ネトセツへ気軽にご相談ください。

公式LINEから相談 ▶ LINE@

SNSから相談 ▶ X(旧Twitter)DMにて

問い合わせが多くて返信が遅くなる場合もありますが、その時はごめんなさい。

診断

あなたに合うネット(WiFi)サービスが見つかる

※該当する項目を選択していくだけ

①問目:主にネット通信はどこで行う

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

三問目:タイトル

imgタグ

④問目.格安SIMはどこの会社?

使える情報でしたらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ(押したら飛びます)